関節の作りと関節痛

関節の作りと関節痛

関節の作りと関節痛

関節痛というのは決して珍しいものではなく、多くの人が経験しています。関節は生活していれば毎日使いますから、関節痛を放置しておくとジワジワと進行してより痛みが生じたり動かすのが辛くなっていきます。実は一度発症すると元の状態に戻すのは難しいと言われています。

 

サプリメントなどで痛みが取れるといっているのは、あくまで痛みを緩和させる作用や、軟骨部分のクッションを多少作って動きを円滑にすることができるだけであり、完治までさせることができるとは限りません。

 

関節は骨と骨の間のクッションの役割をしています。骨と骨がそのまま結合しているわけではなく、片方が凹なら片方は凸となってくっつくようになっていて、完全にピッタリとくっついているわけでなく、骨と骨の間には隙間があります。

 

関節と関節がぶつかる部分は関節軟骨で覆われていて、その隙間を骨液が満たして骨同士がこすれあって痛まないようになっています。そのためにスムーズに動作ができるようになっているのですが、この関節軟骨が加齢やハードワークなどによって磨り減ってくると、骨同士がぶつかって痛みが生じるようになります。これが40代以降に多く見られる「変形性関節症」の症状です。これは肩、肘、膝、股関節などに多く見られます。

 

筋肉や骨の強さなども関係しているため、年齢が高い層、そして男性よりも女性に多く見られるようになります。安静にしていても初期段階なら多少痛みは軽減されますが、放置しても完治することは基本的にないので、早めに検査して適切に対処しましょう。

copyright 2017 仮性包茎サプリランキング安全版 All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。